世界中で愛されるバラの魅力

世界中の女性を魅了するバラ、香りも良くエッセンシャルオイルとなると高級品で数万円もするものもあります。歴史も古く、その起源は今から7,000万年とも言われています。

バラの人気品種5選

婦人

モッコウバラ

モッコウバラは早咲きで、初心者でも育てやすいと人気の品種です。とげも少なく花も小さめで病気にも強い品種です。黄色い花が多いのですが中には白いものもあり、白品種の方が香りが楽しめます。

ピエール・ドゥ・ロンサール

ピエール・ドゥ・ロンサールはツルバラとして最も人気のある品種です。花も大きく開花すると5センチから8センチほどです。香りも強くグラデーションのような色合いが魅力的です。

アンジェラ

華やかなピンク色が人気なアンジェラ。フラワーアレンジメントで使ってもその色身は目立ちます。花は小さく3センチから5センチほどで、春に開花すると甘い香りが漂います。

グラハム・トーマス

薄い黄色い花びらが美しいグラハム・トーマス。咲き始めから散る時までその色は褪せる事がないので長い期間色を楽しむことが出来ます。香りはフルーティーで最も人気のあるイングリッシュローズの一つです。

アイスバーグ

真っ白な花びらが魅力のイングリッシュバーグは、病気にも強く棘が少ないことから初心者にも育てやすい品種です。花は大きく8センチから13センチ、主に日陰向きの品種です。

まずはバラの品種を選んで次に育て方を把握していこう

薔薇

バラの楽しみ方

バラはただ鑑賞するだけが楽しみではありません。エッセンシャルオイルにしてアロマポットに入れて香りを楽しんだり、化粧品や食品の中に入れたり料理の飾りつけに使用することもあります。中には花びらを湯船に浮かべて香りや見た目を楽しむことも出来ます。バラには薬用効果もあり、高血圧や不整脈に女性の生殖器系に効果があります。

バラ

色で異なる花言葉

バラの花言葉は色によって異なります。赤は「愛情」「情熱」。白は「私はあなたにふさわしい」「純潔」。ピンクは「しとやか」「可愛い人」。青は「夢かなう」「神の祝福」。黄色は「友情」「平和」。オレンジは「無邪気」「魅惑」など、まだまだ色はこれ以外にありますが、全て色によって様々な花言葉があります。

女性

ギフトにも最適

バラはギフトにも最適です。実はバラは本数によっても意味が違うのです。1本なら一目ぼれ、10本ならあなたは全てが完璧。プロポーズなら108本で意味は「結婚してください」です。999本になると「何度生まれ変わってもあなたを愛する」です。本数によって様々な意味があるため、それを意識して贈り物にしてもいいでしょう。

[PR]
バラの育て方を確認
役立つ情報を調べる

バラの活用方法は多種多様

バラの活用方法は多種多様です。香料や食品に薬として使用したり、料理の飾りつけなど様々です。ただ育てて鑑賞するだけがバラの楽しみ方ではありません。また、バラの育て方次第で変わるため、あなたの目的に適したより良い育て方を見つけるのも大切なことです。

広告募集中