バラの育て方にはちょっとしたコツが必要となる

バラは繊細な植物

バラは繊細で育て方によっては花の咲きが弱かったりつぼみも余りつかない、返り咲きもないといった状態になる事もあります。品種によっても強いものから繊細なものまでいろいろあります。

室内と室外それぞれの育て方のポイント

室内での育て方

室内でバラを育てる場合、ミニバラがお勧めです。直射日光はさけ日陰に置き、風通しも良くして水やりは土が乾いたらたっぷりと与えるようにしましょう。バラ専用の肥料を与えるといいでしょう。

室外での育て方

バラの中には寒さや病気に強い品種があります。日光を好むため明るい場所で栽培しましょう。品種によっては3mにまで苗が大きくなるものもあるため、どんな庭にしたいか考えてから購入しましょう。

バラの育て方にはちょっとしたコツが必要となる

バラ

バラの手入れ方法

バラの剪定は夏と冬で異なります。8月から9月に行う場合は、新しい芽を切り落とさないように細心の注意を払いましょう。剪定方法としては枝や葉を切りそろえる程度で十分です。逆に冬の剪定は次の開花まで時間があります。なので、枝を大胆に切っても時に次の開花への影響は問題ありません。好みの大きさや形に整えていきましょう。

女性

バラを育てる際の注意点

バラを育てる際に風通しが悪いと病害虫の被害に遭いやすくなってしまいます。植えた際に隣の苗同士が近すぎても病害虫の影響を受けます。また、梅雨の時期は雨で空気中の湿度が高くなるためじめじめします。株もとにわらを敷いたり堆肥をすることで黒点病を防ぐことが出来ます。この2点を十分注意してバラの栽培を楽しみましょう。

害虫や病気は予防することが大切

害虫や病気は薬を使用することで予防することが出来ます。ホームセンターでバラ専用の殺虫剤などの薬が販売されているため、予防として使用する事をおすすめします。

広告募集中