バラの品種によって育て方は異なるので注意しよう

自宅でもバラを育てることができる

白バラは育て方も品種によって簡単なものもあります。愛好家の中でもメジャーなものはアイスバーグで、病気にも強く棘もないので初心者でも育てやすいバラです。

春バラと秋バラの違いとは?

春バラとは

春バラは見た目がボリューミーなものが多く、花も比較的大きいです。つぼみも沢山つくため、次から次へと花が咲いていくため長い時期花を楽しむことも出来ます。色も鮮やかな品種が多いです。

秋バラとは

秋のバラは開花時期になってもゆっくり咲いていくため、春のバラと比較するとボリュームは劣ります。花も小さく、気温や湿度によって花の色や鮮やかさも異なっていきます。

バラの品種によって育て方は異なるので注意しよう

薔薇

バラを育てるのに最適な時期

バラを育てるうえで最適な時期があります。大苗はバラが休眠している10月から2月が植え付けに最適です。バラが休眠から覚めてから植え付けをした場合、芽吹きが弱くなってしまうため、この休眠中の時期に植え付けをしましょう。

園芸用品

バラを育てる際に必要なツール

あずバラ専用の鉢植えか鉢の下に穴が開いているものを用意しましょう。穴が開いているものは土の水分を調整して根腐れを防ぎます。土や肥料、支柱に薬剤や剪定ばさみ、棘があるので手入れをする際は手袋を必ず着用しましょう。

植物

バラが育ちやすい場所を選ぶ

バラが育ちやすい場所はまず日当たりが良い場所です。観葉植物の中でもバラは特に日光を好みます。次に風通しのいい場所です。特に室内で夏場風が全く吹かない場所に置くと弱ってしまうのでこの2つは必ず守りましょう。

タイミングと場所を考えて植えよう!

バラには休眠期があり、この休眠期に苗を植えることをお勧めします。休眠期から覚めてしまってから植え替えると芽の付き方が弱くなってしまうので注意です。日当たりや風通しが良い場所を選ぶのが大切なことです。

広告募集中